Category: クラブ・黒いひつじ

わが道を堂々と生きる黒いひつじ達のためのクラブ。

0

16タイプ性格診断の結果が当たり過ぎでビビる

誰かが『人生は3万日ぐらいしかないので、1日もムダに出来ないと思ってるんです』と言ってる のを聞いて、かなり反省。 というのも今日は朝っぱらからやる気がぜんぜん起きなくて、ダラダラダラダラして終わろうかな、いっそのこと!なんて思っていた矢先だったからです! 上のお菓子を売ってるストールの男の人と女の人、客が来ようがどうなろうがお構いなしで、 ベラベラと話し込んでいる。 『何なのかねえ、このやる気のなさは。 ダメダメだね全く。』と呆れていたワタシだったけど、ワタシのやる気のなさは、このダメダメストール店員よりもダメダメなんだと5分前に気づいた(爆 こんなにたくさんお菓子をこしらえて、ストールを開いているだけで充分えらい。 ところで面白いものをご紹介します。 『16タイプ性格診断』 これはマイヤーズブリッグス性格診断と言って、個人が持つ行動パターンや思考パターンを分析して、外交型E/内向型I、 現実型S/直感型N、思考型T/情緒型F、規範型J/柔軟型Pのどれにあてはまるかを導きだすもの で、結果は16パターンあります。 ここで面白いのが2010年にこのテストを受けた時はINTJ-A(建築家)型だったのが、現在はISTP-A(巨匠)型に変化しちゃってるんですね。 人って誰と付き合うか、どの国に住むか、どんな仕事をしているかなどという環境だけでなく、誰と出会ったか、どんな本や映画に出会ったというような、入ってくる知識や受ける刺激などでも変化し続けるものなんだなって思います。 個人的な覚え書きでアレなんですが、 ISTPの特徴 独立心旺盛で実務家。 冷静で理論派。 物や道具を取り扱うのが得意。 誰に対しても平等、公平。気取りがない。 危険やスリルを求める。 新しい情報にアンテナを張っている。 過剰なルールや官僚主義を嫌う。 行き過ぎとも言えるほど「やられたらやり返す」という考えがあり、良くも悪くもフェアプレイ精神の持ち主。 全人口のわずか約5%で、非常に稀。特に巨匠型の女性は珍しく、いわゆる典型的な女性像には当てはまらないことが多くて、幼い頃からよくおてんば娘だと言われているでしょう。☞ もうめちゃめちゃ言われてました! ISTPに向いている仕事 技術を習得し、道具を使い、現場で何か問題を解決するような仕事に向いている。 活動的でいて、一人で没頭できるような仕事に向いている。 マニュアルの仕事やルーチンワークには向いていません。 会議や打ち合わせが少ない仕事が向いている。 セールス、サービス、テクノロジー、技術者、専門職、金融、医療などの分野で力を発揮。 ISTPが陥りやすい落とし穴  飽きっぽくて向こうみずなことをする。☞ 出たよ、飽きっぽい!!! コミュニケーション不足。 優柔不断になる時がある ☞ というよりどうでもよくなるんですよね。 これは当たっているというレベルではなく、完全に言い当てている。 前職の時、よく同僚が『ねえカテリーナ、これとこれをアップデートしてプリントアウトしといて』とかいって仕事を頼んで来てたんですけど、こっちとしたら、自分の仕事に超集中している場面でそんなもんやってる場合じゃねえ。 ハッキリ言って全部後回しや!!!...

coding in the future 2

プログラマー&クリエイターの未来図 ~ これからの時代に求められるスキルセット

ロンドンからBuongiorno(こんにちは)!  いや~今朝はいきなり衝撃的なものを読みました、ええ。   カテリーナの一日は、軽くストレッチをして、イタリア語の勉強を30分ぐらいして、その後ミルクティーを飲みながらTwitterを徘徊して、役に立ちそう&面白そうな話題をピックアップして……という感じで始まるんですが、昨日今日と2日続けて衝撃的な記事を読んで、再びコーディングもポートフォリオもそっちのけで色々とリサーチしていました。 衝撃的な記事とはこちら。 グーグル、プログラミングが出来なくてもAI(人工知能)ツールを作れる「Auto MLα版」の提供開始 Web制作の自動化が進む! 画像から自動コーディングする深層学習プログラムが公開 え、もう何、コーディングの勉強しても無駄ってこと? とかって思いましたからね、ホントに。   特に2番目の記事は、デザインデータ(普通こんなWebサイト作りたいって、完成品の絵みたいなの作るでしょ? そういう画像)を深層学習プログラムに   はい!こんな感じでよろしく!!   って渡すと、プログラムがダダダ~ッと自分で学習を始めながらガンガンとHTMLやCSSコードを書いていくんですが、250回目時点ではまだガタガタな見た目だったのが、550回目ではプログラムに渡したデザインデータとほぼ同じなものがコーディングされていました。  そしてプログラムがコーディングしている場面の動画があるんですが、マジで恐ろしいスピードです。 もうこれ絶対みなさんに見てもらいたいので、版元のFloydHub Blogさんからパクッてきます! ほんっとに恐ろしいですね~。 AI(人工知能)が世の中に浸透していくにつれて、この世の中から消え去っていく職業がたくさんあるのは、普通に考えても分かるんですが、 プログラミングやコーディング関係の仕事は大丈夫じゃね?なんてちょっと思ってたらこのザマですよ!!   読みが甘い!自分!!!   上のリンクでもご紹介したようにグーグルは既にプログラミング知識がゼロでもAIツールが作れる便利なものをリリースしましたし、記事内では既にDisney社が実際に使うと書いてある。 そ こ で! 我々人間にしか出来ないこととは何かに目を付けてみる   AIや深層学習プログラムにわざとバグをいっぱい仕込んでおく!! しかも電気が無いと使い物にならないじゃん!   というのは冗談ですが、これってコンピューター全般のアキレス腱だと思うんですけど。 コンピューターは何でも出来るし、しかも速くて正確。...

Skyscrapers 0

マイナンバーから捕捉されず、預金封鎖も怖くない唯一の資産とは?

ロンドンからBuongiorno(こんにちは)! 新年早々、日本の金融機関から海外送金をするには、マイナンバー登録が必須となりました。 ※日本居住者によるマイナンバーなしでの海外送金は、例えばTransfer Wiseのようなサービスでも不可能になっています。 こちらを参照 マイナンバーが表向きの名目を少しずつ脱ぎ捨てて、正体を現しつつあるんですけども。 カテリーナは、1997年頃から借金時計をずっとチェックしているんですが、2017年末時点での借金はもう書くのも恐ろしい金額になっていて、恐らく「返済不可能」だと思われます。 実は、カテリーナの祖母の実家は 1946年の「預金封鎖」はもちろんのこと、さらには「財産税」のダメージを真っ正面から受けていて、戦前と戦後とでは同じ家なのか?というほど変わり果ててしまったという歴史があります。 なので、こういう話題には非常に敏感というか、常に情報収集するようにしているんですね。 個人的に非常に気になっているのは、政府による国際公約 「2020年までに、プライマリー・バランスをゼロにして財政を黒字に持っていく」 というもの。 今日の時点で1081兆円越え、毎秒64万円が増えていくこの国の借金を2020年までに黒字にする方法とは? そりゃあ預金封鎖、財産税、インフレしかないでしょうよ!!! そしてそれを日銀と政府が合法的に実施するには何が必要か? そりゃあマイナンバーでジワジワいっちゃうことでしょうよ!!! そもそもマイナンバーの起源は、2009年の麻生内閣の「社会保障番号とカードを2011年を目途に導入しゅる」まで遡るんですが、それがまた麻生さん、何もせず放置プレイのまま衆議院を解散。 その後の野田内閣が「社会保障番号とカードを意地でも導入しゅる!」と気合を入れてたんですが、関連法案が国会で廃案になりゲームオーバー。 そしてついにその後アベちゃんが野田内閣時に廃案になった法案を手直しし、2013年法案成立=マイナンバーでジワジワ時代の幕開けとなったのです。 その後の展開の速さといったらもう。。。。 恐ろしいスピードです。 銀行口座と紐づき、戸籍と紐づき、パスポートのデータベースに紐づき というマイナンバーと我々の個人情報への接続大イベントが目白押しなんですが、これが何を意味するのか? 目的は何なのか? 地球上に存在する全ての日本人をあぶりだす!! そしてその金融資産の動向を全て把握する!! ということですね。 ちょっとこの内閣府のマイナンバー導入後のロードマップを見ていただきたいんですが、2020年までで終わってるんですね。 不気味ですね。 在外邦人の「管理」に関する動きは2019年通常国会に向けて着々と進められていますし、個人的にはマイナンバーによる在外邦人の捕捉完了とともに、何らかの動きが必ずあると思っています。 それが2020年辺り、東京オリンピックが終わってから始まると思われます。 そういうのから逃れるにはビットコインのような仮想通貨があるじゃん! それが政府は、今年にはいって早々の2018年1月4日の閣議決定にて仮想通貨を正式な貨幣として認めてしまったので、もう逃れられないですね。 EUも既に仮想通貨を貨幣と準ずるものとして認定しているんですけど、世界的にマイナンバーでジワジワ状態になっていく流れなんでしょうね。 あとね、この仮想通貨貨幣認定で怖いのは、ブロックチェーンでジワジワも将来起こる可能性がありますね。 まあ、日本が脱現金するにはまだかなり時間がかかるだろうし、その前に2020年が来るんでアレなんですけど。 境界線は今年2018年、トンズラ出来る臨界点は多分2019年...

Shining Sparks 0

仕事ややる事がいっぱいいっぱいで何から手を付ければいいのか分からない時

ロンドンからBuongiorno(こんにちは)!  今日は、特に以前のダメダメ・カテリーナに向けて不必要な我慢と、必要な我慢について考えてみたいと思います。   昨日の記事で、ブログの大幅刷新をすると書いたあと、頭の中で 「ああしたい」 「こうしたい」 とワラワラワラワラとアイディアが湧いてきちゃって、ロクに寝てないカテリーナです。みなさん、そんな事ありません?   あ、ない?   そして、今日もやっぱりWebディベロップメント全般の勉強もポートフォリオもそっちのけでブログをガチャガチャいじってたんですけど。。。。 頭の中のアイディアと現実に見えているものが違い過ぎて焦るし、やる事が多すぎてマジいっぱいいっぱい!!! こんな時ってもう正直どこの何から手を付ければいいんだか! あああああああああああああ!!!! と昼寝したくなるんですが(違   アドセンスブログを始めるって、   家から一歩も出なくてもお金が稼げるようになる。 みたいな事だって実際起こり得るわけですよ。   そりゃあ本腰入れるでしょうよ!!! それで色々考えているうちに、あれもやりたい、これもやりたいと色々なものが一気に押し寄せてきて、どうしていいか分からなくなったんですけど、 以前だったらそこでもうやめてた。   もうやめるんかい!!   ええ。速攻でやめてたと思います。   あんだけ本腰入れるでしょうよ!とか言って盛り上がってても、前だったらたったこのぐらいの事でやめてた。ちょっと頑張ってみるとか落ち着いて物事を見てみるという文字が頭の中になかったんですね。   逆に考えると、だからこそあの母国日本で、他人から何を言われようと黒いひつじを続けて来れたんだと思いますけど。 どういう事かというと、日本では「お上(上司、教師なんかも含む)は絶対」でみなさん普通言う事を聞きますよね。 でもわたしはたまに自分でも持て余すぐらいな頑固なコアがあって、自分が納得しないと誰が何を言っても聞かないし動かない。...

Happy New Year, 2018! 0

2018年、あけましておめでとうございます。

ロンドンよりあけましておめでとうございます。 2017年12月1日にオープンしたばかりの、まだ出来立てほやほやブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。 出来立てブログと言ったはなから何なんですが、 既に大幅な刷新を考えております。 というのも、日曜とロードトリップ期間中以外毎日更新してみて、ロンドンとイタリアだけについて記事を書いていくのは正直退屈だと思ったんですね。 いやもう、いきなりブログの根幹を揺るがすような事を書いてますが、ぶっちゃけな気持ちだから仕方がない。 そもそも何故ブログを始めたかというと、現在Webディベロップメント全般の勉強中なんですが、他講座にちょっと浮気をした時に、エレメンターを使ってワードプレスでサクサクWebサイトを作る方法とかいうのを見つけまして。 Webの世界にいるならワードプレスは理解してないとアレだろ!と思い、その講座も本命の仲間に入れて勉強を始めたんです。 で、何かに興味が出るととことんやってしまう性分なんで、もうこうなったら独自ドメイン(なんちゃら.comとか、ほにゃらら.orgみたいなやつね)も取っちゃおう。ポートフォリオもそこで作れるし一石二鳥じゃねーか!と思いまして。 そこで、昨年11月末に独自ドメイン取るのにどこか良い所はないかとネットサーフィンをしていて何気なーく見つけたのが、 「グーグルアドセンス」とかいう代物。 色んな人の色んな記事を読んでると、いいじゃん。何か面白そうじゃん。カテリーナもやりたい!やる!決めた。 というわけで、本来の目的であるポートフォリオ作りどころか、Webディベロップメント全般の勉強そっちのけ状態で、ブログ構築に関する構想を練る事に完全に重点が移ってしまう日々を送っておりまして、時間が全然足りない。 ああ、仕事辞めといてよかった! とか本気で思ってる始末でして。 で、グーグルアドセンスを稼働させるには、自分のブログが審査に通らないといけないんですが、ネットの世界にあふれている、審査に通るための情報はウソかホントか判別できかねる、 都市伝説だろ、それ みたいなのが多かったんで、@London/Italiaというブログをとりあえず立ち上げて、とりあえずネットで「やめとけ」と言われていた事も試してみました。 そして、 一発で無事にグーグルアドセンスの審査に通ったんですが、 知らせを受けた時は、ロードトリップの真っ最中。 もちろんカテリーナは休み中は休みに集中してブログの記事を書く、なんてことはしないので、審査が通った12月20日から今日までグーグル様を放置しておりました。 ていうか、グーグルアドセンスを設置するこのタイミングだからこそブログの大幅な刷新をしたいんですけどね。 わたしが興味あること、おすすめしたいこと、好きなことはロンドンとイタリア以外にもたくさんあって、わたしにしか書けない、でもブログに来てくださるあなたにも役に立てることがあるはず。 ついでに言いますと、カテリーナは、母国日本では常に出る杭扱いですよ。 ほんっとにどこに行っても 「変わってるね」 「異色」 「ユニーク」 「インパクトが大きくて忘れられない」 「杭が出過ぎていて打てない」 と言われて来ましたし、言われていた本人は「その他大勢と違うなんて良いじゃん!」と喜んでいたんですが。(笑) そんなわたしのような、出る杭の事を英語でBlack sheep(黒い羊)と言うんですね。...