Googleアドセンスブログの審査を一発通過した話+何か違うだろ

Buonasera(こんばんは)! 今日のロンドン晴れていてウキウキしているカテリーナです。 今回はグーグルアドセンスブログの審査についてとそれを通過した時のブログの状態、加えて個人的にいろいろ思うことを書いてみたいと思います。   新年1発目の記事☟☟に、只今WebDevの勉強とポートフォリオそっちのけ状態でブログ構築とワードプレスいじりをやっていると書いたんですが 2018年、あけましておめでとうございます。  2 January 2018 そもそもそっちのけ状態になるキッカケが、このグーグルアドセンスなんですね。 ※グーグルアドセンス:グーグルの審査を通過したブログの中にグーグルが選んだ広告を貼り、誰かがクリックしてくれると紹介料が入る仕組み。 そのグーグルの審査を通過する方法が、 どっかの移民法みたいにしょっちゅう変わる どうも結構難しいらしい でもネット上に溢れる情報は古いか迷信じみていてちょっとアレ だったんで、 自分のブログをもって実験してみることにした。 申請時の具体的なブログの状態はこんなんでした: サイト開設から10日目 (サイトオープンは12月2日) 記事数 11 → 通過時16 平均文字数1500 12月17日から1月2日までブログを完全放置 PV数 始めたばかりでどうせ少ないし、今もチェックしてない 画像&動画 貼りまくり 他サイトへのリンク 貼りまくり 内部リンク 貼りまくり 他社の広告 貼っていた(Amazon) プロフィール あり コンタクトフォーム あり プライパシーポリシー あり カテゴリーごとの記事数 2とか。ていうか何も考えてなかった 上の状態で、12月12日に申請して、審査通過メールを受け取ったのは12月20日で8日かかってます。 ちまた情報の「記事数最低30ないと合格出来ない」とか「画像や動画はダメ」「他社の広告は貼るな」「審査中は毎日1記事アップしろ」等は全て間違っているということになります。 「記事の文字数」は、何文字以上ないとダメ、逆に何文字あれば絶対に大丈夫というルールは無いと推測されますが、読者目線で色々書いていると1000文字は軽く超える、という事実があります。  ...